引越し 時期 費用

引越しの時期と費用

引越し 時期 費用

引越し 時期 価格

引越し 時期 料金

引っ越し 時期

引越し 見積もり

 

実は引越しは準備がギリギリだと損をすることが多いのをご存知ですか?
面倒なので先延ばしにしがちな引越しの準備ですが、条件の良い引越し業者ほど予約が埋まっていくのです。

 

いつでも好きな時に引越しできるというのは間違いで、予約が重なると断られることもあり得るのです。

 

とくに3月は1年のうちで最も引越し件数が多いいわゆる繁忙期となります。
新入社、新入学、転勤などは学期の始めとなる4月にあります。
そのため3月は、他の月に比べて引越し件数が大幅に増えるのです。

 

自分の引越し希望日にできるだけ安く引越しをしたいなら、新居が決まってすぐに見積もりを取ることが大切です。
安い引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりが簡単でオススメです。

 

<<引越し業者の一括見積もりはこちら

 

一度の情報入力で、最大10社から見積もりを取ることができます。
大手から地域密着の引越し業者まで、200社以上が参加していますので、引越し費用を比較するにはピッタリの方法です。

 

 

大きな家具だけ運ぶ
冷蔵庫を運ぶときにいつも思うのはもっとカンタンにできることはないのだろうかということです。

 

 

引越し費用のしくみ

 

引越し 見積もり 仕組み

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、荷物が多いとその分だけ費用が高くなります
荷物が多ければそれだけスタッフの人数は多く必要となるので人件費がかさみますし、大きいサイズのトラックを用意しなければなりません。
大きなトラックはガソリン代もかかります。

 

単純に一人暮らしといっても、本やゲームなど荷物の多い人は費用がかかりますし、単身パックに収まるくらいの量しか荷物がない方は費用が安いです。

 

ということは、不用品は引越し前に普通のゴミ収集日を狙って捨てたほうが費用が抑えらます。
引越し先に不用品を持って行くにも費用がかかるということですね。
いらないものは引越し前にできるだけ処分しておきましょう。

 

不用品の処分方法は、売る・あげる・捨てるなどの方法がありますが、どれもちょっと時間がかかります。
ゴミカレンダーの日程によってはどうしても捨てられない大きなゴミは、直接クリーンセンターに持って行くという方法もあります。
しかし多くの場合、予約制となっていますので詳しくは最寄りのクリーンセンターにお問合せください。

 

不用品の処理費はオプションとして別料金で引越し業者が引き取ってくれますが、引越し日までに売る、あげる、捨てるなど計画的に処分しておくと費用が抑えられます。

 

一括見積もりの際に捨てるつもりで記載しなかった家具が残っていたりすると、トラックにすべて詰め込めない・追加料金が発生したなどのトラブルになりますので、見積もりの際に処分しているつもりのものは必ず処分してくださいね。

 

もし事情があってどうしても処分できなかった場合は、引越し業者に連絡しておくと安心です。

 

 

引越しとご近所へのあいさつの時期

 

引越し挨拶時期

 

引越ししたらご近所へのあいさつにいきましょう。
これから始まる新生活、周りにどんな人が住んでいるのかを知るチャンスでもあります。

 

ではどのタイミングで行くのがいいのでしょう?

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日までに行くといいですね。
あいさつを先延ばしにすると段々と行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

出来れば簡単な粗品を用意しておくと、すぐに挨拶に行けるのでおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいのタオル、洗剤などの日用品やコーヒー、紅茶、お菓子がいいです。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃をするところが多いです。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。